四日市で猫背・姿勢矯正・腰痛・肩こり・頭痛・手足のしびれ・ 膝の痛み・顎関節症・産後ケアならKCSセンターお任せ下さい。

トップ > 下半身 >  > 腰痛になりやすい姿勢とは

腰痛になりやすい姿勢とは

2016/12/28

カテゴリー 椎間板ヘルニア

どんな人も、長時間同じ姿勢でいることは腰痛になりやすく、特に前傾姿勢ねこ背)かつ、身体をねじる動作が入ると一番腰痛を起こしやすい体位となります。

 

腰椎を横から見た状態

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、椎間板といって関節の間にある軟骨がクッションの役割をしてくれますが、

 

前傾姿勢になると椎間板への負荷が150%に増え、その状態でを左右にねじると、更に椎間板を圧迫して椎間関節の動きが悪くなり、の神経に負担がかかるのです。

 

掃除機、草刈機などを使う動作がそれにあたります。

重いものを持たなくても姿勢が前かがみで、を横にねじった場合が要注意。

 

一度、前傾姿勢になっていないか、長時間悪い姿勢を続けていないか、セルフチェックしてみましょう。

 

腰痛でお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

姿勢専科

KCSセンター四日市

姿勢専科 KCSセンター四日市ホームページ

059-324-2393

 

一覧に戻る

 

お問い合わせはこちら