四日市で猫背・姿勢矯正・腰痛・肩こり・頭痛・手足のしびれ・ 膝の痛み・顎関節症・産後ケアならKCSセンターお任せ下さい。

トップ > その他 > 側わん症の自己チェック!

側わん症の自己チェック!

2017/01/21

カテゴリーその他 側弯

 

側わん症の自己チェック!

側わん症とは、身体を前後から見た場合に背骨が横へ曲がっている状態のことをいいます。

両肩の高さが違っていたり、ウエストのくびれ方が左右で違っていたりしたら、側わんの可能性があります。

体を前方に曲げて、背中の高さをチェックしてみてください。左右の高さが明らかに違う場合は、要注意です。

側わん症を放っておくと、内臓の圧迫、肩こり、頭痛など健康上のトラブルのもとになります。病院では、手術適用範囲になるまでは「様子をみましょう」となるか、装具で固定する方法が主流ですが、患者さんに苦痛が伴います。

しかし早期発見し姿勢調整を施すことで、改善した症例があるのも事実です。

側わん症は女児に多く、成長段階で発見することが大切です。

学校のプリントでチェック用紙があったと思いますが、よくわからなかったという方は、当センターで姿勢チェックを行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

姿勢専科

KCSセンター四日市

姿勢専科 KCSセンター四日市ホームページ

059-324-2393

一覧に戻る

 

お問い合わせはこちら